得する?損をする? 税金のお話

2018年1月から配偶者控除が変わる!

 

本日テレビの放送のミヤネ屋で特集してたのでまとめてみました。

 

配偶者控除とは?

 

妻(配偶者)が専業主婦または収入が少ない場合、夫が支払う所得税を減らす制度

 

控除って?

収入を得ると所得税や住民税がかかるが

収入から一定額を差し引いた金額にのみ課税

差し引く金額が控除と呼ばれ

配偶者控除、給与所得控除、基礎控除、医療費控除、寄付金控除、扶養控除などがあります。

つまり控除額が大きいほど税金負担は少なくなりをするということです。

年収での例

これまでは奥様が103万円以上稼ぐと控除額が減り

2018年からは奥様が150万円以上稼ぐと控除額が減るように変更。

例 ご主人の収入が400万円 奥様の収入が144万円の場合

2017年までは控除なし 夫婦の手取り額 約436万円

2018年からだと38万円の控除 夫婦の手取り額 約441万円

差額は 約5万円 増えることになります。

今年から夫の収入にも3つの制限

今まではご主人がいくら稼いでいても配偶者控除はあったのですが今年からは制限があります。

夫の収入 控除額
1220万円〜 0円
〜1220万円 13万円【1/3】
〜1170万円 26万円【2/3】
〜1120万円 38万円【満額】

 

 

 

 

 

※会社員の方の話で個人事業主の方は金額が少し変わるそうです。

つまりこれまで

奥様の収入が『103万円以下

ご主人の収入が『1120万円』の場合は実質増税ということだそうです。

 

130万円の壁(一部106万円)も存在する

会社員・公務員の奥様の場合

健康保険料 年金保険料 を負担しなけれがいけない

年金など後に貰えるものではありますが150万まで稼がずに130万以内で働く人の方が多くなるのかもしれません。

201.6万円の壁

奥様の収入が150万〜201.6万円の場合は段階的に控除額が減っていきます。

201.6万円以上は控除なしになります。

まとめ

働きたいけどここぐらいでやめておこうかなど夫婦の稼ぎで考えて損をしないように考えていかないといけないのもまた面倒くさい話ではありますよね。

まぁ独身の私には関係のない話(;´Д`)

 

 

暮らし

Posted by UI@運営