iPhoneのSafariで開いてるWebページをMacで表示する(macOS Catalina 10.15)

2019年11月9日

iPhoneで開いているWebページをMacで開く

MacのSafariアプリケーション で、「すべてのタブを表示」ボタン をクリックします。

Macと他のデバイスで開いているWebページのリストを表示できます。

Webページをクリックして開きます。

Macで開いているWebページをiPhoneで開く

アプリの切替画面にしてSafariを選ぶと下部にMacからのSafariを選べます。

MacでHandoffを使用して終了した場所から再開する

Handoffを使用すると他のデバイスで始めた作業を別のデバイスで再開できます。

たとえば、iPhoneでWebページを見てから、MacのSafariで続きを見ることができます。

Handoffは「カレンダー」「連絡先」「Pages」「Safari」などのAppで使用できます。

 

Handoffを使用するには

デバイスが機能のシステム条件を満たしている必要があります。

すべてのデバイスで同じApple IDを使用してサインインする必要があります。

Wi-Fi、Bluetooth、およびHandoffが設定でオンになっている必要があります。

macOS

「システム環境設定」>「一般」

iOSデバイス

「設定」>「一般」

まとめ

それほど意識しなくても自然に連携が出来るのはすばらしいことですね。

連携できるのが楽だからApple製品から離れられなくなる。

これがApple信者になる第一歩なのでしょう。

 

2019年11月9日iOS App, IT, MaciPhone, Mac

Posted by あんりみてっど