【Synology NAS DS218+ 】Video Station アカウント別に視聴できる動画を分ける方法

2019年11月9日

NASを使用して動画を共有して視聴するのにVideo Stationは非常に便利です。

プライベートの動画などをNASにアップロードして

家族や友人に視聴してもらうという使い方が一般的だと思うのですが

友人と共有する場合関係ない動画を見られるのもどうかと思います。

NAS側の設定で動画があるファイルのアクセスを拒否していても

Video Stationの使用を許可していると拒否しているファイルの動画も見れてました。

そこでアカウントごとに視聴できる動画を分ける方法を記載しておきます。

動画ファイルを分けて保存

Video Stationの使い方はこちらの記事で

ライブラリにファイルを作る

見せていい動画とそうでない動画はファイルを分けて保存します。

共有動画と動画というファイルを作りました。

動画ファイルを編集する

設定>作成したファイル(動画・共有動画)の編集をクリック

《許可の割り当て》をクリック

この動画ファイルにアクセスできるアカウントを設定します。

これでチェックを外したアカウントのVideo Stationの画面にはそのファイルは見えなくなります。

まとめ

旅行先などで撮った動画など編集して友人に見せたいけど身内の動画は見られたくない。

そんな時に視聴制限がこの方法で出来るので気兼ねなく視聴してもらえそうです。

YouTubeに動画をアップロードして非公開で共有するのもありですが

うまく使い分けるのが良いと思います。

 

 

 

2019年11月9日IT, NASnas

Posted by あんりみてっど